2013年08月09日

護衛艦「いずも」進水式




海上自衛隊で最大となるヘリ搭載護衛艦の命名・進水式が6日横浜の

ジャパンマリンユナイテッド磯子工場であった。

「いずも」と名づけられた。

日露戦争で活躍した装甲巡洋艦と同名(ただし漢字)である。

就役は2015年3月ごろの予定である。

全通甲板を持つ護衛艦は「ひゅうが」 「いせ」に続き3隻めである。

全長は248メートル、基準排水量19500トン。

見た目はそっくりの「ひゅうが」型の全長197メートルよりはるかに大きい。





見た目は空母ですがヘリ搭載護衛艦ですから。

あ、日本人は相対的に軍事に無関心な人が多いので(ぼくも含めて)

平べったい船としか思わないかな。

甲板でサッカーもできる平和なお船ですよ。

災害時には大活躍できる装備となってます。

「いずも」で対潜能力アップです。

日本に空母が必要かどうかは別にして、空母みたいでかっこいいですね。


でも、中国は警戒してるふりをしてます。

自分とこは空母持ってんのにな。


いづれにしましても、話題になるのはめでたいことです。

活躍を期待します。


Posted by あんがす at 00:28│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。