2013年08月17日

「A級戦犯」「B,C級戦犯」

8月15日に一部閣僚と国会議員は靖国神社に参拝したが

安部総理は参拝を見送った。

中韓の抗議に配慮してである。

実に残念なことです。


中韓が何を言ってこようが、国を守るために命を擲(なげう)った将兵たちの御霊(みたま)に

尊崇の念を持って参拝するのは国の代表として当然ではないですか。


中韓には別に説明の必要はまったく無いが

日本においてA級戦犯は存在せず、靖国神社にも合祀されていない。

かつて、戦勝国によるあの東京裁判というインチキ裁判で

戦犯の汚名を着せられた「戦犯」たちは

昭和28年の遺族援護法の改正により日本の国内法において

罪人とはみなされなくなり名誉を回復しました。

この時点でA級戦犯も、B,C級戦犯も存在しなくなったのです

「戦犯」ではなくなったので靖國神社に合祀されているのです

靖国神社にはA級戦犯は合祀されてません。

遺族援護法の改正には

社会党の社会党の社会党の
堤ツルヨ衆議院議員が東奔西走の活躍があったのです。

また、当時まだ1860名の「戦犯」が服役しており、

彼らの釈放を求める署名は日本全国で4000万人に上りました。


これらの事実を見ても当時の日本人・・・

ぼくたちのおとうちゃん、おじいちゃん、ひいじいちゃんが

戦勝国による裁判を不当であり、「戦犯」と呼ばれる人たちを

救ってあげようと考えた証左ではないですか。


ぼくらの父祖(ふそ)が決めたことですよ。


「そんなん知らん、戦犯は戦犯!」


あ、そうですか。反日日本人に何を言ってもムダでしたね。

つづくかも・・・・




  

Posted by あんがす at 20:45Comments(0)