2017年05月23日

他人のデッドリフトを笑うな②

死のトレーニング⑤です。


デッドリフト編です。

デッドリフトとは、ひざを曲げて床においてるバーベルを持って全身の力で引き上げ

バーベルを腰の位置まで引き上げる種目です。



そのおじさんは床においてある120キロのバーベルに何を思ったか

7.5kgのプレートを二枚つけました。

135kgのバーベルです。

これでデッドリフトをする気だなとまったく気にする様子もなく見てましたら

おじさん、気合を入れてオルターニットグリップではなくオーバーグリップで

シャフトを握りました。

挙がるのか!!???

びくともしません。

おじさん7.5kgのプレートをはずしました。

懲りずになんと5kgのプレートに変えました。

それでも130kgですけど……

挙がるのか!!?????

やっぱり挙がりません。

今度は5kgのプレートもはずしました。

120kgです。

挙がるのか====!!!?????

やっぱり挙がりませんでした。


すぐ横に60kgのバーベルが転がってるにもかかわらず、それを無視しおじさんは

果敢に極めて高重量に挑戦します。



ぼくは120kgでも絶対挙がらんやろって思ってたら、そのとうりになりました。

おじさん、何事もなかったようにデッドリフトのをあとにしました。

結局、60kgの扱いやすいバーベルには目もくれませんでした。


これにはおじさんいないときに会員さん大うけでした。



挑戦する心と潔くあきらめる心、どちらも超絶です。

思考能力にバランスがとれた人だなと思いました。



おじさんの今後に期待してやまないあんがすでした。



つづくかも。







  

Posted by あんがす at 22:17Comments(0)

2017年05月23日

他人のデッドリフトを笑うな①

世界のどこでテロが発生しようが、日本は関係ないですなぁ~。

他人事でまことによろしいなぁ。

日本はあくまで平和国家であって世界の情勢とはむかんけいなんですなぁ。



ええっ!あのNHKが政府のイヌ?!

どわっ!わたしゃ中韓の犬と断じてましたがぁ?

ってことはNHKを政府の犬と断じる側と反日左翼と断じる側がいるというわけで

つまりはNHKは完全な中立報道してるって事じゃん!!

わはははは。新しい発想だね。



不謹慎な冗談はともかく、イギリスでのテロ、断じて許せません。

日本の左翼の皆様方の考えはいかがですか?

まぁ、左翼にもピンからキリまでありますからね。

拍手喝采の反日極左の日本人何万人か何十万人か確実にいるのです。

じじい、ばばあであっても左翼は左翼、気をつけましょうね。

自衛隊がどうだとか、安保がどうだとか、原発がどうだ、沖縄の基地がどうだ、共謀罪がどうだ、死刑制度がどうだとか

憲法改悪反対とか、反対姿勢ばかりぶちかましてる人は

左翼的思想のお歴々なんですな。

気をつけましょうね。




ともあれ、テロの犠牲になられたかたがたの御冥福をお祈りいたします。




あれ?

マクラで終わってしまいましたね。

つづきます……






  

Posted by あんがす at 21:41Comments(0)

2017年05月22日

死のトレーニング④

つづきです。

おじさんは……「おじさん」を正しくスペリますと「をぢさん」ってなるんです。

おばさんは「をばさん」が正しい書き方です。


閑話休題します。


カール編。

おじさんはとってもクリエイティヴです。

上腕二頭筋って知ってますか?

いわゆる二の腕のチカラコブを作る筋肉です。

ここを鍛えるのは簡単です。

簡単というのは、効かせやすいということです。

どうゆうことかとゆいますと、例えば背中をV字型にしたいとか、厚みを増したいと思ってトレーニングしても

腕とか肩にばかり効いてしまって肝心の背中の筋肉に効かないことが多いです。

初心者にはむづかしかったりします。

でも、バーベルなりダンベルなり持ってカールすれば間違いなく初心者でも

上腕二頭筋(バイセップス)に効きます。

10回前後反復できるウェートを持ってカールすればいいんです。



でも、おじさんはクリエイティヴです。

軽い目のバーベルを持って反動を使ってカールします。

軽すぎるのか?そのためなのか?

バーベルを挙げきったら勢いでバーベルを放り上げます。

20センチほどおじさんの手から離れたバーベルはまたおじさんの手に戻ります。

この奇天烈(きてれつ)極まるカールをぼくは何度も目撃しました。

動画でユーチューブにアップしたいくらいです。


普通は上げきった状態、つまり上腕二頭筋が収縮しきるまでひじを曲げます。

そしたら元に戻す、つまりひじを開いていけばいいんです。

この当たり前の種目がおじさんにはものたりないのでしょう。

ぼくはこのおじさんのカールを「ジャンピング・バーベルカール」と名づけました。

おじさんにはこの「ジャンピング・バーベルカール」の普及に務めていただきたいですね。


またね、続きます。







  

Posted by あんがす at 22:02Comments(0)

2017年05月22日

死のトレーニング③

つづきです。

なんだかシリーズ化しそうですね。

アクセス数しだいでは「今日のおじさん」化しますね。



腹筋編。

おじさん、「オレは強い男だ」オーラ発してます。

腹筋においても。

腹筋台があります。傾斜角度を変えることができます。

おじさん、腹筋台を75度!!ぐらいまで上げました。

過去にこんな角度で腹筋してるの見たことないです。

(コアなジムではありますが)

おじさんの筋トレのキャリアとチカラでは「おやめなさいって」のレベルです。

そんな心配をよそにおじさんは腹筋を始めます。

やるやる。

ものすごい勢いです。

しかも、上体を起こしきったとき左右に激しくツイストします。

もはや「オレに構うな!」です。

往年の具志堅用高のトレーニングのようです。

限界が来ました。

問題は腹筋台から降りるときです。

足首は固定してます。これをいきなりはずしてしまうと、ズルズル斜面を滑り落ちて

コンクリの床に激突します。

どうやって降りるのだろうと、目が合わないように見てましたら

「オレの強さを見ろ」オーラはウソのように消え、もたもたと腹筋台から怪我しないように

無事に降りることができました。

めでたしめでたし。

角度が急なほど高度なトレーニングができると信じてるようですね。

腹筋は上体を起こしきる必要はありません。

後半部分はほとんどが腰への負担でしかありません。

おじさんの75度腹筋、今後も注目してまいりたいと思います。

あ、それから腹筋台ってぼくは使うことがないんですけど、マナーとして

角度を普通に戻しといたほうがいいで。


つづきます。




  

Posted by あんがす at 00:28Comments(0)

2017年05月21日

死のトレーニング②

つづきです。

で、おじさん種目の順番が単に思いつきというかでたらめです。

ここからは各論です。


ベンチプレス編。

おじさん、ベンチプレスに来ました。

誰でもがさすがにベンチプレスはウォームアップするもんですが

おじさんいきなり20キロのシャフトに20キロのプレートを2枚つけました。

つまり60キロのバーベルです。

あがるのか?

あっ!あがりました。

でも、「重いなと」つぶやいたかと思うと、プレートをはづして

15キロのプレートを2枚つけました。

50キロです。

何回か挙げて、ベンチプレス3セットしました。

自分の上げられる重量を知らなかったんでしょうか?

普通はウェートを増やしていきますが、おじさんはいきなりウォームアップなしに

MAXに挑戦してます。

危険です。肩壊しますよー。

20キロ、40キロ、45キロ、50キロって感じで挙げればいいのにね。

それに両手の間隔が狭すぎて大丈夫なんでしょうか。



つづきます。

  

Posted by あんがす at 23:46Comments(0)

2017年05月21日

死のトレーニング

ぼくは筋トレという言葉がなかった時代から筋トレやってます。

ウェートトレーニングとか言ってたかな。

だから僕自身特にごついわけではありませんが、筋トレの知識とかどうやったら効率よく

筋肉が付くかって基本的なことはわかっています。

これからお話しすることは、筋トレしてる人にしかわからない限定版です。

筋トレに興味ない人もよかったら、この世界に触れてみてください。




ぼくが通ってるジムに、あるおじさんが来るようになりました。

おじさんはエアロバイクとかウォーキングマシーンのあとウェートにとりかかります。

おそらく基礎的なことがわかってません。

大体の種目がたったの1セットで終わってしまいます。

かと思ったら、サーキットトレーニングみたいに「それさっきやってたじゃん」なことを再開します。

マシーンを使うときですが、ガッシャーンガッシャーンって音を立てて

うるさいです。

たまに独り言も言います。



さて、筋トレは体幹部分からはじめます。

つまり、胸の筋肉とか背中の筋肉とかいった部分ですね、ここらからトレーニング始めます。

もし、腕からはじめてしまうと腕の筋肉が疲労してしまって、胸や背中を鍛えるのに

十分効かせられなくなるからです。

おじさんはそんなことは知らないようです。

でも、ジムに来てる人でその基礎的なことを知らない人がわりといます。

ぼくはいわゆる「教え魔」ではないし、他人のやり方にケチをつけるのは趣味ではないし

インストラクターではないのでほっときます。

雑談したりとか、もしやりかた聞かれたら丁寧に答えますけど。


つづきます。








  

Posted by あんがす at 23:23Comments(0)

2017年05月16日

吉田と朝日新聞 ②

つづきです。


で、この吉田清治、ペンネームだって。

経歴も詐称しまくり、まったくもってクソやな。

こんな野郎でも、家族はいたようですな。

こいつの長男氏がまともなようです。

自分の親が犯しに犯した行為を恥じています。


吉田清治は生前、韓国に自費で「謝罪の碑」なるものを建て、韓国人の前で

してもいない慰安婦狩りを詫びて土下座してますね。

産経によると、長男氏がこの碑文に書かれている侘び文を訂正しはったことが11日明らかになりました。

長男氏は「父が発信し続けた虚偽によって日韓両国民が不必要な対立をすることにこれ以上耐えられない」

と説明してはります。


ぼくもこの人の立場なら、公の場に出て親の犯した罪を日韓両国民の前で

謝罪しますね。

で、韓国民に慰安婦狩りはまったくの父の創作でしたと、説明したいですね。




それにひきかえ、腐れ朝日新聞は自分らが犯した罪を、紙面でちょっと訂正しただけ。

こんなんで許されんねんな。




間違った情報を間違いときづかずに報道してしまうのは「誤報」
間違った情報を意図的に垂れ流す朝日新聞がよくやることを「虚報」といいます。


反日ゲス朝日、よくつぶれないな。











  

Posted by あんがす at 00:41Comments(0)

2017年05月15日

吉田と朝日新聞

今月12日の産経。


いわゆる「慰安婦問題」だな。

主な発端となったのが、吉田清治なるいかがわしすぎる文筆家(?)が書きよった

『私の戦争犯罪 朝鮮人強制連行』って本でこやつのまったくの創作で

日本の官憲が朝鮮の済州島で朝鮮の若い娘を慰安婦にするために略奪することに加担した。

という話。

今どき、このウソッパチを信じてるのは情報封鎖してる人でしょうな。

朝日新聞がこの与太話を大々的にに取り上げ、日韓の溝をさらに深くしましたね。

吉田と朝日がしたことは犯罪以外の何モノでもないですな。

いくら報道の自由とか言論の自由とかあるってゆうても、

根も葉もない嘘ついて自国を貶(おとし)めたんですから

朝日新聞なんか潰してしまっていいんです。

つーか、はやくつぶれろ。

つーか、買ってまで読んでるやつ……いてんの!!

あ、いてはったん、ごめん。


続きます。







  

Posted by あんがす at 23:48Comments(0)

2017年04月12日

NHKのニュースで放送事故

夜7時の ニュース7 で北朝鮮を関連のニュースながしてました。

そこで「朝日友好親善協会」 を(ちょうにちゆうこうしんぜんきょうかい)と言うべきところを

女性アナが (あさひしんぜんゆうこうきょうかい) と言うてはりました。

北朝鮮と言えば あの朝日新聞ですからね。

まちがってしまったんですね。

番組の最後で間違いを訂正してはりました。

朝日新聞としてはうれしかったろうね。

  

Posted by あんがす at 21:48Comments(0)

2017年02月27日

赤ちゃん2人連れて豪華クルーズ

本日の産経朝刊からです、すまんのう、極右で(爆)


大阪市に住む女性が二歳の長男と一歳の次男を連れて、親類の家族といっしょに

台湾を豪華客船で周遊するツアーに参加した。

しかし乗船から二日後、一歳の次男坊が熱痙攣を起こした。

船医は「髄膜炎」の疑いありとし、寄港先の高雄市(台湾)の病院に救急搬送された。

そこで「髄膜炎」ではないとされたが、船医は髄膜炎との見立てを変えず

船から強制的におろされた



結局は「髄膜炎」ではなかった。

誤診であったことに訴えをおこした。

で、9日間の費用90万円のところ、なぜか主催した旅行会社への損害賠償が180万円!!
船医の誤診が原因なんだが、90万円がどうして180万円にふくらむのか

非常に興味がありますね



船医も乗客乗員2000人の命をあづかってるのですから、そうやすやすとは

病院の診断を受け入れなかったのでしょうね。

なんといっても、船の上では船長の権限は絶対です。

万国共通です。

降りろといわれれば、降りるしかありません。




この訴えた女性にも当然言い分はありますけどね。



まー、しかし訴えたのが女性ってことは配偶者はいないと考えてよろしいでしょうな。

どのようなお立場かは知りませんが、一歳と二歳の幼子を連れて

親類と一緒はいえ、女性がひとりでどうしてわざわざ豪華客船クルーズに行きますかね?
って家内と話しました。

(内縁の夫とクルーズだったかもな(*´∀`)その可能性大やな)


仮にうちの長男坊が一歳二歳のとき、「豪華クルーズ」の懸賞当たったとします…

赤ちゃん連れて船旅!船旅やでっ!

只でも、ただでも、タダでも、

行くかぁ===!!

赤子やで!なにが起こるかわからんやろ。

まして、2人も連れてなぁ。

お乳あげたり、おむつかえたり、ただでさえ大変やおまへんかえ?

病気にかかるとは思わなんだんかな?

ひとりでも十分大変やのに。

ふたりも赤子ぉ?



もうええか?

裁判の判決待ちましょ。









産経さんも女性の顔が鬼化してますなぁ。  

Posted by あんがす at 23:34Comments(0)

2017年02月22日

ぬこの日だニャン

猫の日です。

なにかお祝いしましたか?

うちで飼ってる猫は推定18歳です。

人間年齢でゆうとかなりのおばあさんです。

ストーブの前から離れません。

カメラをちかづけると写真はいやだというので、かわりにハムスターの「ひみこ」の画像でよろしく。




あれ、なんだか右下に出てますけど気にしないで。



ところで、ニュース見てたら、正男君の暗殺の件と幼稚園の話ばっかで今日は竹島の日ってどっこも

あつかってくれないな。

竹島が韓国に不当に占領されてる現実から国民の目をそらそうとしてるんかな?

しかし、なんで竹島の日を国が定めんかな。島根県の条例で決まっとーや。

竹島の日のイベントに政府も閣僚の一人ぐらい出せや。

本気で取り返す気ぃないな。安倍さん。

韓国人は平気でイベントの妨害しに来よるしな。

なめられとんねがな。



明日またな。寝るわ。




  

Posted by あんがす at 23:56Comments(0)

2017年02月22日

小金井の女子大生刺傷事件

昨年の5月の小金井市の芸能活動していた女子大生が

ストーカーに刺された事件。

この事件の犯人の岩埼友宏。

こいつの顔、絶対やばいな。

犯行内容も異常だけどヴィジュアル的に危なすぎだな。

色んな意味で…………。


  

Posted by あんがす at 21:58Comments(0)

2017年02月19日

櫻井よしこ先生

櫻井よしこ先生が執筆してはります産経新聞のコラム『美しき勁(つよ)き国へ』

今月6日には「長崎にある世界的反日基点」と題する記事が書かれてました。以下は抜粋です。



長崎の住宅街の一角に「岡まさはる記念長崎平和資料館」がある。

牧師で朝鮮人被爆者問題を掘り起こした岡正治氏の意思をついで1995年にこの資料館は設立された。

理事長の高實康稔氏らは「残虐の限りを尽くした日本のアジア侵略」と「日本の加害責任を訴え」

日本に戦後補償を実現させようと活動中だ。

この小さな資料館が日本軍がいかに残虐であったかを発信する基地となっている。

国内のみか国外からも大挙して見学に訪れる。

中国の「南京大虐殺記念館」と友好館関係を結び資料をかり受け展示している。



恐るべき反日基地です。

こんなものが日本に堂々とあるとは驚きです。

展示されている写真等は日本の研究者によってインチキ捏造であるものと指摘を受けてるものばかりです。

キャプションひとつでも人間は騙されます。

いわゆる「南京大虐殺」のインチキ写真を小中学生に見せてどうしようというのでしょうね。

反日活動家を育成ですか?

展示のみならず反日活動も精力的に活動してるんですね。

なにものでしょうこいつら。

館の名前になってる「岡正治」。

どうも反日極左テロ集団と関係があったようですね。

こんな資料館という名の反日基地、よく右翼の攻撃対象にならないな。

公安も目をつけてるんかなぁ。

自国の名誉を著しく傷つけ、国の崩壊を目的とする輩は潰れてもらわないといけませんね。

規模は小さくても馬鹿にできません。







記事とは直接関係ありません。

櫻井先生っていつも優しい笑顔をみせてはりますが、日本を貶(おとし)める不逞(ふてい)の輩(やから)を

決して許さない正義感の持ち主ですね。

  

Posted by あんがす at 23:01Comments(0)

2017年02月16日

「無職」には違いないが

新聞の投書は楽しいですね。

新聞社によって内容が明らかに違いますね。

それはさておき、投稿者の実名、年齢、住んでる市町村。

現役なら職業が出てますが、リタイアした高齢者は無職とかアルバイトとかになってしまいます。

弁護士一筋50年だろうが、元自衛隊員だろうが、元漁師だろうが、元会社役員だろうが、元医師だろうが、 元農業だろうが、一律無職です。

職業に貴賤なしです。

職業によって差別しないのが日本人のいいところです。

どこかの隣国とは違います。

投稿者の元の職業しりたいですね。





  

Posted by あんがす at 21:21Comments(0)

2017年02月15日

尖閣狙う中国 8強入り

14日に公表された次期学習指導要領の改定案で小中学校の社会科で

竹島、尖閣が日本の「固有の領土」であると初めて記載されました。

今までどうして教えてこなかったのでしょうね。

なにかまづいことでもあったんでしょうね

反日は日本人からって言いますからね。


これに対し、シナの外務省は「釣魚島(尖閣諸島のシナ名)は中国固有の領土だ」

「日本は挑発をやめ、正確な歴史観で若い世代を教育しなければならない」

と怒りをぶちまけた。



はい、そのとおりにさせていただきます。

正確な歴史観で尖閣諸島は歴史的に、法的に日本の固有の領土であると

若い世代に教育させていただきましょう。

明治28年、1895年に日本の領土であると宣言している。

これに当時の清政府は何の異議も唱えていない。

え・共産党は反対してただって!

ねしっ!

1970年代に入り尖閣周辺に石油がありそうだってわかったんで

シナが俺んとこの島だって言ってきたんでしょが。


日本は本気で尖閣守らないと文字通り取り返しつかなくなりますよ。

シナはチベット、ウイグル手に入れるために何百万人の無辜(むこ)の民を虐殺しまくり

奪いつくし、強姦しまくってきたことか。

尖閣を占領するなんざたやすいもんです。

尖閣を落とせば次はオキナワですよ~!






  

Posted by あんがす at 23:11Comments(0)

2017年02月14日

USO

昨日のブログは最後のほうだけ嘘です。

日本が韓国と朋友(ほうゆう)になどなるわけがありません。

またお互いまったくそれを望んでいません。

それどころかお互い国交断絶を望んでいます。

国交断絶の前に竹島返してね。





反日という点では国はひとつにまとまるな。

国名を反日大韓帝国にしたら国が勢いづくで。




どうして昔のチマチョゴリはオッパイを出してるんでしょうか?

知ってる人は教えてね。

  

Posted by あんがす at 23:58Comments(0)

2017年02月13日

韓国が好きだった(涙)

前回の『いい加減にしろ韓国』という本は出た当初購読してます。



購読【こうどく】書籍・新聞・雑誌などを買って読むこと。

広辞苑 第五版より。

でも、新明解さん(三省堂)と集英社国語辞典さんは「書籍」はなかったな。

「購読」って新聞限定だと思ってたよ。

本でもいいんだとしときます。

てへっ、針の穴ほどの瑕疵(かし)も許せないあんがすなのです。



前に進みます。

ぼくが韓国が気になりだしたのは、この『いい加減にしろ韓国』を著(あらわ)さはった豊田有恒(ありつね)先生のSF小説が

好きで、この先生の韓国びいきの影響を受けたからです。

で、この著書が出る以前豊田先生は『韓国の挑戦』という本を出してはります。

この著書もむかーしに読んでます。

ぼくはこの本を読んで感動しました。

「すごい国になるぞ!韓国は!」

と本気で思いました。

(別の意味ですごい国に化けてしまいましたが…………)

日本もうかうかしてられないぞって。

でも、まわりはものすごく冷めた目でぼくを見ました。

信じてもらえないでしょうが、韓国のラジオ(KBS)の日本語放送で

「玄界灘に立つ虹」って番組があって聞いてたこともあります。

韓国と日本にかかった橋ってことでしょうね。

この番組かどうかは忘れましたが、韓国語講座みたいなのがありました。

テキストの入手方法がわからずにとりあえづ講座を聞いてたこともあります。

このときどうしてNHKは中国語講座があるのに韓国語講座が無いんだってマジ思いましたね。

(のちに、ハングル講座ができましたがほとんど手を出さず中国語を少しかじりました)


そんなわけで、日本は韓国と手を取り合って前に進んでいけるものと

勝手に思い込んでました。





ところが、今はこんな感じです。

日韓が真の朋友(ほうゆう)となるためには相手の間違いを正すことにあると考えます。

相手に遠慮してたら何もわかってくれないどころか、いい気になって

妄言、暴言を吐くばかりです。




明日からはまたいつもの「あんがすの國民戰線R」です。












  

Posted by あんがす at 22:48Comments(0)

2017年02月13日

慰安婦像に家建てるかも

今月9日の産経より。

韓国プサン市の東区区長のパク・サムソク氏は

「慰安婦像の永久的な
保存・管理の方案が必要だ」

と述べ、防犯カメラや策の設置などを約束し、区は像を設置した市民団体と

像の管理について協議している。

さらに領事館前は反日イベントの会場と化している

一度は警察が建前上、法に基づき禁止したが後に裁判所が許可した。



日韓合意もなんのその。

法律も約束事も平気で踏みにじってくれますね。

違法建造物を警察が守るんだから、泥棒の手伝いを警察がやるようなもんですね


法律よりも民衆の感情が優先される国。

こんな国といつまで付き合うつもりだろうね。


ところで、今度の大統領選は左派候補が勝つから北との関係が面白いことになるらしいね。

悪夢の実現?ふふ。








本文とは関係ないですが。


親韓派の作家、豊田有恒さんが平成6年に出版しはった本です。

「慰安婦問題」なんてまだそれほど話題になってなくて

実質わづか5ページほど。なのにこの怒りよう

チョッパリ」は日本人の蔑称ですが、直訳すれば「割れた足」という意味。

日本人は下駄やぞうりを履いていたので家畜の蹄(ひづめ)を朝鮮人は連想し

チョッパリと呼ぶようになりました。

はい、日本人は朝鮮人にとって牛やイノシシやとしか見てくれないんですね。

あとは「ウェノム」というのもあります。

これは英語で言えば「ジャップ」に相当します。

でもジャップよりもエグイ罵(ののし)りことばですね。

韓国旅行に行ったらこんな言葉を浴びせられないように品行方正にしましょう。





  

Posted by あんがす at 01:09Comments(0)

2017年02月12日

正義のミカタ さん②

いやー、伊予ちゃん優ちゃんどうしちゃったんだろね。

本人たちはNO PROBLEM のつもりだったのが問題化しちゃいました。

放送するはずだった番組がおじゃんになってしまいました。

損害賠償とかあるのかな?



はい、続きです。

ところが所先生のミカタは、神武天皇即位の日が昔過ぎてわからないので

「の」がはいってるということでした。

所先生の説明に異論を唱える先生方はおられませんでした。

たぶん先生方は野党の反対の件は知ってはったと思うんですけど、みなさん納得顔でしたね。

「いやー、所先生、そうじゃなくて」とは言えませんよね。


あと、成人の日、海の日、敬老の日、体育の日が何月の第何月曜日に勝手にされてるのは

おかしい、という話。

ハッピーマンデーってやつね。

あれ、出演者全員がそれはおかしいと意見が一致してましたね

番組の演出でそうなってたんでしょう。

ぼくはふつうの会社員ですから、ハッピーマンデー歓迎です。

海の日は明治天皇が東北に行幸(ぎょうこう)されて船で横浜港に無事に御帰港されたことを

もともと祝ってた記念日を

最近になって海運業界が動き出した結果です。

皇室行事とか、伝統行事の日ではないのでこれはいいんではないかと思います。

成人の日もとくに根拠がないのだからハピマンですね。

敬老の日、どっかの村が(忘れたわ)農閑期にこどもの日や成人の日があるんだから

老人の日も作ろうよって、感じではじまったのがきっかけだからハピマンで十分でっす。

体育の日は昭和39年の東京オリンピックの開会式の日は皆さんご存知の通り。

これもハピマンですね。

あと、「勤労感謝の日と文化の日は元に戻しましょうよ」

って、所先生ゆうてはりました。

勤労感謝の日はもともと新嘗祭(にいなめさい)で重要な宮中行事です、

文化の日はゆうまでもなく明治天皇のお誕生日ですから明治節、あるいは明治天皇誕生日に

もどしましょうというまったくごもっともなお考えでした。

これらも占領軍に禁止された日です。

いつまで日本人は占領軍にマッカーサーにおびえてるんでしょうね。

GHQの洗脳が解けない日本人です。

いつまで敗戦国なんでしょうね。

って、話です。


なんか今日長いですね。


   

Posted by あんがす at 01:55Comments(0)

2017年02月12日

正義のミカタ さん

土曜の朝の6チャンネルの「正義のミカタ」見たんですけど、

面白かったのが、建国記念の日だったことで「国民の祝日の謎」というテーマでした。

講師は京産の所功(ところ・いさお)名誉教授でした。

「建国記念の日」の「の」にこめられた意味を説明してはりました。



ちなみにですが紀元前660年に初代神武天皇が橿原宮にて即位した日を

現行歴に直して2月11日を紀元節と決めたのは明治政府です。

しかし、日本は戦争に負け占領軍の言いなりにならざるを得ず

国民皆でお祝いしていた紀元節はつぶされてしまいました。

その後、独立を取り戻した日本は紀元節の復活に出ますが、

野党の猛反対に遭います。(日本社会党、日本共産党など)

法案提出→廃案 を延々と繰り返し昭和41年やっとのことで通りました。

しかし、与野党との交渉の末に「建国されたという事象そのものを記念する日」

(建国された、あるいはそれに相当する動きがあったのは何月何日だかは定かではないが

建国されたことを祝うという日)→あんがすの解釈

ってことでしょうね。

こんな屈折しまくってる解釈で、建国記念「の」日 が成立したのが真相です。

だからクソ不自然な「の」がはいってるんです。

やれやれ、ほんとに野党ってクソですね。


続きます。





  

Posted by あんがす at 00:50Comments(0)